web

WEB制作やコンテンツ制作の重要性~今始めるWEB超活用

如何にアプローチするか

オフィス

新しく新入社員を獲得するためには様々な事が企業には求められます。単純に会社に対して魅力がなければ応募窓口を開いても誰も応募してこないでしょう。魅力をアプローチするためにも様々な手法がありますが、最近トレンドになりつつある手法が動画を使った会社紹介です。会社紹介とはそのままの通り会社がどのような事を行なうのかを端的にまとめた紹介のことです。一般的には応募した人に向けての会社紹介などで行われますが、ここで動画を用いて効率的に会社の魅力をアプローチするという方法が人気になってきているわけです。動画を用いて会社紹介を行なう魅力は何と言っても予め編集などを行い伝わりやすくまとめることが出来るという点です。そのため口頭で説明を行なうよりもより心に響く説明を行なうことが期待できます。そのため会社説明を動画にすることでこれまで伝えることが出来なかった別の角度から見た魅力なども伝えることができ、より新入社員獲得をしやすくなります。
会社紹介の動画を用意したいという場合は2つの選択肢があります。1つは自社で作るという方法と、もう1つは専門の作成会社に依頼するという方法です。自社で作るという場合は素材などを一から全て用意する必要があり、編集なども行う必要があり手間暇かかります。しかしながらオリジナリティーの高い動画が作れるため、オフィスの雰囲気などの空気感が直に伝えやすくなるでしょう。価格なども自社で行なう場合は依頼料などが必要ないためコスト削減も期待できます。せの会社に依頼するという方法であれば、一から素材を用意する必要はなくなります。專門の会社から派遣されたプロのカメラマンが取材しに来るという形で映像などの素材が用意され、あとは全て專門の編集スタッフなどが動画として作り上げていきます。依頼前には多少のヒアリングなどを行なうでしょうが、基本的に仕上がりまでの期間は動画を作るという手間暇が必要ないため、業務に支障が出にくいという特長もあります。更に出来上がった動画はプロが編集しているため的確なアプローチが出来るように演出がされているでしょう。ただし勿論依頼料は必要になり、懲れば懲るほど依頼料は高くなってしまいます。どちらの方法が良いということはなく、ケースバイケースで適切な方法を選択するということが大切になってきます。というのも会社説明の動画は決して質の高い動画が良いわけではないからです。適切に会社の魅力をアプローチ出来てこそ意味が出てくるため、明確に魅力を定めておくということも必要になってくるでしょう。